HOME | 宮古島の花々

No-57 サガリバナ/宴の後 2012/6/24

  • 一夜限りの宴の後

    一夜限りの宴の後

  • サガリバナの絨毯

    サガリバナの絨毯

  • 早朝のサガリバナ

    早朝のサガリバナ

  • 道路に降り積もる花々

    道路に降り積もる花々

  • 雪のように降り積もる花

    雪のように降り積もる花

  • 道路を埋め尽くす花々

    道路を埋め尽くす花々

  • 雪のように降り積もる花

    雪のように降り積もる花

  • サガリバナの絨毯

    サガリバナの絨毯

  • 道路に落ちた花々

    道路に落ちた花々

  • 宴の後

    宴の後

  • 一夜限りの花

    一夜限りの花

  • 水に漂うサガリバナの花

    水に漂うサガリバナの花

  • サガリバナの原木

    サガリバナの原木

  • サガリバナの原木

    サガリバナの原木

  • 花火のような花

    花火のような花

  • 花火のような花

    花火のような花

  • 花火のような花

    花火のような花

  • 早朝のサガリバナ

    早朝のサガリバナ

  • 地面に落ちた花々

    地面に落ちた花々

  • 地面に落ちた花々

    地面に落ちた花々

昨晩のうっとりするような香りと神秘的な花々が忘れられず、憑かれたように早朝にも再び訪れてしまいました。

一夜の宴の後、おびただしい花々が道に落ちて絨毯のようにおおっています。
しんと静まり返った誰もいない遊歩道。鳥と虫の声だけが響く中、まるでぼたん雪が降るようにあちこちで花々が落ちて来ます。

昨晩ほどではありませんが、早朝でもあたりにはあの魅惑的な香りが立ちこめています。 地面に落ちた花々はまだ木についていたときの姿のままで生気があり、踏まないように歩くだけのが大変です。

もともと自生していた大木は、昨夜は闇の中で懐中電灯の光だけでは十分に見えにくかったのですが、朝日が照らす中、原生林の中でひっそりと咲く姿を堪能することができました。
原生林の濃い緑の奥深くにもピンクの花がカーテンのように垂れ下がっています。

ここのサガリバナの群生はもともと自生していた木に加え、宮古環境クラブの方々が遊歩道に沿って植えた100本以上の木が10年ほどの歳月を経て花を咲かせるようになったものです。
人知れず地道に手入れなどを続けている宮古環境クラブの方々には頭の下がる思いです。

この静かな風景がいつまでもこのままの姿で残ってほしいと願うばかりです。
  <<    78  ...585756...  1    >>  

HOME | 宮古島の花々