HOME | 宮古島のビーチ

NO38-ビーチに流れ着いた椰子の実  2016/9/10

  • ビーチに流れ着いた椰子の実

    ビーチに流れ着いた椰子の実

  • ビーチに流れ着いた椰子の実

    ビーチに流れ着いた椰子の実

  • 波打ち際の椰子の実

    波打ち際の椰子の実

  • 椰子の実と青い海

    椰子の実と青い海

  • 波打ち際の椰子の実

    波打ち際の椰子の実

  • 椰子の実と青い海

    椰子の実と青い海

  • 流れ着いた椰子の実

    流れ着いた椰子の実

  • 椰子の実に打ち寄せる波

    椰子の実に打ち寄せる波

  • 打ち寄せる青い波

    打ち寄せる青い波

  • 打ち寄せる青い波

    打ち寄せる青い波

  • ビーチと青い海

    ビーチと青い海

  • ビーチの椰子の実

    ビーチの椰子の実

  • 夏空が浮かぶビーチ

    夏空が浮かぶビーチ

  • 鏡のような凪の海

    鏡のような凪の海

  • 雲を映す凪の海

    雲を映す凪の海

  • 真謝ビーチ

    真謝ビーチ

宮古島の東海岸にある真謝漁港。漁港のすぐ横には細長いビーチが広がっています。
ビーチには漂流物がたくさん流れ着いているのですが、その中には南の島からはるばる旅をしてきた椰子の実も…。

♪名も知ら~ぬ遠き島よ~り な~がれ寄~る椰子~の実一つ♪♪

ビーチに打ち上げられ、波打ち際で波に揺られている椰子の実を見ていると、ついつい口ずさんでしまうこの歌。
故郷を離れて宮古島暮らしをしているナイチャーとしては、色々身にしみて感じる歌でもあります。

「椰子の実」島崎藤村作詞

名も知らぬ遠き島より 流れ寄る椰子の実一つ
  故郷(ふるさと)の岸を離れて 汝(なれ)はそも波に幾月

旧(もと)の木は生(お)いや茂れる 枝はなお影をやなせる
  我もまた渚を枕 孤身(ひとりみ)の 浮寝の旅ぞ

実をとりて胸にあつれば 新たなり流離の憂(うれい)
  海の日の沈むを見れば 激(たぎ)り落つ異郷の涙

思いやる八重の汐々
いずれの日にか故国(くに)に帰らん

<<  44  ...393837...  1    >>  

HOME | 宮古島のビーチ