HOME | 宮古島の風景

No-63 宮古馬 2013/12/30

  • 宮古馬と入道雲

    宮古馬と入道雲

  • 静かに佇む宮古馬

    静かに佇む宮古馬

  • 宮古馬と入道雲

    宮古馬と入道雲

  • 宮古馬のいる風景

    宮古馬のいる風景

  • 入道雲をバックに

    入道雲をバックに

  • エサにつられて…

    エサにつられて…

  • おいしい顔

    おいしい顔

  • 海と宮古馬

    海と宮古馬

  • のんびりとした午後

    のんびりとした午後

  • 宮古馬の親子

    宮古馬の親子

  • 子馬を見守る母馬

    子馬を見守る母馬

  • 可愛らしい子馬

    可愛らしい子馬

  • 可愛らしい子馬

    可愛らしい子馬

  • 母馬に甘える子馬

    母馬に甘える子馬

  • か細い足を踏ん張る子馬

    か細い足を踏ん張る子馬

  • 母馬に合わせて

    母馬に合わせて

  • 走り回る子馬

    走り回る子馬

  • 宮古馬の親子

    宮古馬の親子

  • 疲れちゃった…?

    疲れちゃった…?

宮古島には西平安名崎に行く途中と空港の南に宮古馬の放牧場があります。
通りかかったときはたいてい道路脇に置かれた草の束や草地にみんなで顔を突っ込んでお食事中なのですが、この時はなぜかみんな揃って顔を上げてまわりの風景を楽しんでいるかのようでした。


ちょうどバックにはもくもくと湧き上がる入道雲。
走り回るでも無く、ただのんびりとたたずんでいる宮古馬。
時間が止まったように静かな午後でした。

そういえば、宮古馬が馬らしく疾走している姿はサニツ浜カーニバルの浜競馬のときくらいしか見ないなぁ…
ポニーに分類される小型馬で農耕馬として利用されていたということなので、もともと走るのはそんなに得意ではないのかも。


一時は絶滅の恐れもあったそうですが、保存会の方々の努力で少しずつ頭数を増やしてきています。
今年は何度か生まれたばかりの子馬の姿を見る事もできました。
細い足を懸命に踏ん張って母馬のあとをついてまわる子馬。

可愛らしいのはもちろんですが、なんだかとても健気でおもわず「がんばれよ」と声をかけたくなります。
  <<    76  ...646362...  1    >>  

HOME | 宮古島の風景