HOME | 宮古島の風景

No-2 シーサーと古民家 2006/7/15

  • 屋根の上の太ったシーサー

    屋根の上の太ったシーサー

  • 門の上のシーサー

    門の上のシーサー

  • 入道雲とシーサー

    入道雲とシーサー

  • 来間島を見守るシーサー

    来間島を見守るシーサー

  • 芭蕉と赤瓦屋根の民家

    芭蕉と赤瓦屋根の民家

  • 道端の石敢富

    道端の石敢富

  • 入道雲と民家

    入道雲と民家

  • ブーゲンビレアの咲く家

    ブーゲンビレアの咲く家

シーサーは屋根の上や門の両脇で魔物が入ってこないように番をしてくれます。

トゥリバー地区のシーサー。夕暮れの光をうけ、後ろでは入道雲がむくむくと湧き上がっていきます。
来間島の竜宮展望台にいるシーサー。毎日素晴らしい景色を眺めながら、島を守っています。

久松地区には入り組んだ細い路地と赤瓦屋根の家、咲き乱れる花々や大きく茂った芭蕉の葉など、昔ながらののどかな風景が残っています。
「石敢富(いしがんとう)」の文字には魔よけの意味があり、角を曲がるのが苦手な魔物がたまりやすいとされるT字路や四つ角などでよく目にします。
  <<    78  ...321  >>  

HOME | 宮古島の風景